THINK OF A TOWNー街に必要なものは何なのだろうか。『ARCADE』は、その問いにひとつの解答を提示する、これまでにない新感覚の屋外マーケットである。今回はJR海南駅前広場を舞台とし、県内外から41店舗のSHOPが出店し2日間だけの小さな商店街を形成した。

駅前広場の中心に6x24mの仮設建屋をデザインし、雑貨や家具などのSHOPが入る仮想の商店街とした。2mx2mグリッドを基本モジュールとすることで、両側に2x2mのショップブースと中央に2mの通路を獲得した。そのモジュールに沿って黒皮鉄で構造体のフレームを製作し、外壁には荷物の運搬・保管に使うスリットのついた木材パレットを使用することで通風を確保した。また、パレットは1段、2段積みを組み合わせることで壁面に大開口を設け、街路樹のグリーンを背景とした豊かな空間を獲得した。屋根は透明のポリカーボネートとトタンにて構成し、棟の位置に換気スリットを用いることで建屋内の採光・通風を確保した。初日は夜間営業するということで、仮設にて照明計画を行った。

キッチンやマルシェエリアは屋根を簡易テントとしながらも、建屋と同様のパレットで腰壁をつくりカウンター式、オープン式にも対応できるよう設計した。

http://www.arcadeproject.net/