THINK OF A TOWNー街に必要なものは何なのだろうか。

『ARCADE』は、その問いにひとつの解答を提示する、これまでにない新感覚の屋外マーケットである。今回は和歌山県西牟婁郡上富田に位置するニワ兼グリーンショップ、庭工房でのPOPUPSHOPイベントを開催した。家の庭の造園からショップのグリーン納品までなんでも行う庭工房さんは、なんといってもエアストリームやセルフで建てた小屋を使ったショップと事務所空間は魅力的である。そんな全国で活躍されている庭工房さんとARCADEPROJECTのコラボレーション企画からスタートし、7月19日(日)20日(月)の2日間開催する「Arcade in KAINAN」のプレイベントとして位置づけ、紀南方面への告知とさまざまなシュミレーションを行った。

庭工房にある石畳と芝生でできているアプローチ空間に、6x6mの仮設建屋をデザインした。Mモジュールを基本とし、2mx2mのグリッドとすることで、6つのショップブースと中央に2mの通路を獲得した。そのモジュールに沿って黒皮鉄のフレームを製作し、外壁は木材パレットを使用することで通風を確保、また、壁面に大開口を設置することで庭工房のグリーンを背景とし豊かな空間を獲得した。屋根は安価なポリカーボネートとトタンにて構成し、建屋内の採光を確保した。そして、できるかぎりプロジェクト・サポートメンバーでのセルフビルドを目指した。

http://www.arcadeproject.net/