深夜3時からの撮影

photo by Itsuko Shimizu

昨年から工事をすすめている「鍛冶屋のいえ」。海南船尾に拠点をおく鍛冶屋さんHOUSEHOLD INDUSTRYの武田氏の住まいである。ほぼ、工事は完了し、あとは武田氏による家族のための道具(机や把手)の制作を残すのみ。また完成し次第、竣工写真を撮らせてもらおうと思っている。

 

スクリーンショット 2019-06-19 13.35.20

instagramでの現場写真はこちら
THE OFFICE|instagram|鍛冶屋のいえ

 

今回は、7月5日からnormにてはじまる初の個展のDMのための撮影である。撮影は、かねてから武田氏の作品を撮り続けている清水いつ子さんに依頼。武田氏に展示のコンセプトを聞いた。彼は新しい住まいの話をたくさん話してくれた。家のこと、子供のこと、そして作品のこと。そんな住まいでの経験をもとに今回の作品のインスピレーションを受けたとのこと。

その中で印象的だったのは、早朝起きてから、部屋に光がさしてくる時間帯。この間にいろんなアイデアや考えの整理ができるという。わたしたちの想像を超えて、家が持ち主とともに歩みを進めているのを知った。

撮影の開始を深夜3時と決めた。日の出前のごく数分に起こる、光が青くなる時間。この体験は、立ち会ったものすべてにとって忘れられない時間だったと思う。静寂の中でシャッター音だけが聞こえる。小鳥のさえずりや車の音が聞こえはじめ、ぼんやりと部屋の中が明るくなるのを見届けた。気づけば朝6時になっていた。

彼の体験を聞いて、DMに言葉を添えた。
会の盛況を祈ります。

鍛冶屋の朝は早い。

あたりは暗く、家族が眠るなか、目が醒める。

青い光。

窓から部屋に射す、青い光。

土間に伸びる。

欄間で切りとられた梁を見上げる。

ぼんやりと思考をめぐらせる

青いせかいのなかに。

昭和中期に建てられた、名もない小さな家。

庭には名も知らなかった草木たちが、次から次へと花を咲かせ、

時折 鳥が木ノ実を啄む姿を見せてくれる。

光のいろがかわる

青から、白へ。

窓の前に座り、浮かぶものを描き留める。

鳥のさえずりが聞こえたか。

こどもたちが起きてきた。

隣に並んで、お絵描きをはじめる。

窓の外は明るく、

影がようやく生まれた。

 

word by Homare Kashihara