和歌山市内での住宅兼スタジオの玄関前の薪棚の制作である。

依頼は、薪の保管場所と玄関前の目隠しの塀が欲しいということであった。ヒアリングを通じて薪棚を見せる棚とし、目隠し塀を兼用することを提案。 構造はスチールとし、パンチングメタルと足場板、屋根にトタンなどインダストリアルなテクスチャを選択した。また、薪の個性豊かな断面を見せることで外観に変化をもたらした。道行く人にとっても四季を感じることができる薪塀として機能することを期待している。

nagaoka digital photography